永松 茂久
永松 茂久
Nagamatsu Shigehisa
株式会社人財育成JAPAN 代表取締役・センチュリー出版オフィス 主幹

出身:大分県中津市
今はまっていること:ツムツム

<経歴>
大分県中津市生まれ。
2001年、わずか3坪のたこ焼きの行商から商売を始め、2003年に開店したダイニング陽なた家は、口コミだけで毎年4万人(うち県外1万人)を集める大繁盛店になる。
自身の経験をもとに体系化した「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。
「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は延べ50万人にのぼる。
2016年より、拠点を東京麻布に移し、現在は自身の執筆だけではなく、次世代著者育成スクール、出版コンサルティング、経営コンサルティング、出版支援オフィス、講演、セミナーなど、数々の事業を展開する実業家である。
著作業では2021年、『人は話し方が9割』(すばる舎)がすべての書籍を含む日本年間ランキングで総合1位(日販調べ)、ビジネス書部門で2年連続1位(日販調べ)、トーハンのビジネス書年間ランキング(トーハン調べ)で 1位に輝く。2022年2月、同書が単冊で100万部を突破。

 

<代表作・主な実績>
■著書
『人は聞き方が9割』『喜ばれる人になりなさい 母が残してくれた、たった1つの大切なこと』(すばる舎)、『在り方 自分の軸を持って生きるということ』(サンマーク出版)、『40代をあきらめて生きるな』『30代を無駄に生きるな』『20代を無難に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、書籍累計発行部数は297万部を突破している。

 

─ いま取り組んでいることを教えてください。

出版システムの構築です。毎日、Zoomでミーティングをしています。

 

─ ワクセルメンバーのどんなところが面白いですか?

嶋村さんと初めて会ったとき、その求心力にびっくりしました。
周りに集まる人たちが駆け引きなく嶋村さんのことが大好きなことがストレートに伝わってくるのです。
その後、ワクセルのパーティーにご招待いただいたのですが、嶋村さんは人ところに留まることなく、まわりのワクセルの方々をいろんな人に紹介しつづけていました。
トップについてもふんぞり返ることなく、「どうすれば周りの人たちがよくなるのか?」を考えつづけていることが、嶋村さんの魅力の原点だと思います。


─ これから目指したいことを教えてください。

オンラインサロンのバーチャルタウン構想

永松 茂久 さんの書籍
一覧へ戻る