大山 峻護
大山 峻護
Oyama Shungo
エーワールド株式会社代表

出身地:

栃木県

座右の銘:

すべてを力に

お気に入りの場所:

青山一丁目

今はまっていること:

ずっとご縁繋ぎを続けてます

<経歴>

1974 年生まれ。国際武道大学武道学科卒業。
5歳より柔道を学ぶ。全日本学生体重別選手権準優勝、世界学生選手権出場、全日本実業個人選手権81キロ以下級優勝。

2001年プロ格闘家に転身。アメリカのキングオブザケージでマイク・ボーグを右ストレート17秒で倒す。
PRIDE初参戦の「PRIDE.14」ではヴァンダレイ・シウバと対戦。05年K-1ダイナマイトでピーター・アーツから勝利を収め、2012年ROADFC 初代ミドル級チャンピオンに輝く。
2014年12月6日パンクラスで桜木裕司との対戦を最後に現役を引退。

現在は日本で初めて格闘技を応用した研修プログラム「ファイトネス」で100社以上の企業でチームビルディング、ストレスリリース、メンタルタフネスとして企業研修を実施。

■代表作・主な実績

「科学的に証明された心が強くなるストレッチ」(アスコム)
「ビジネスエリートがやっているファイトネス 体と心を一気に整える方法」(あさ出版)

─ 取り組んでいることを教えてください。

障がいをさがある子供や養護施設の子供たちに笑顔を与えること。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

人生が豊かなるような情報が出ての宝庫だと感じました。

─ これから目指したいことを教えてください。

子供たちが住みやすい未来をみんなで作る。

大山 峻護 さんの書籍
一覧へ戻る