瀬戸 志保
瀬戸 志保
Seto Shiho
株式会社星月代表取締役、彫刻家(石彫)

出身地:

北海道

特技:

寝ずに食べずに3~7日は活動できます。8日目はなんと立ったまま寝ていました。

座右の銘:

「天上天下唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」
天上にも地上にも、ただ人間に生まれた時しか果たすことのできない唯一の尊いことがある。どんな人の人生も苦しみである。
私はこの三界でさとりを開き、苦しみ悩む人々を本当の幸せに導こう。

お気に入りの場所:

自宅近くの、星がよく見える丘

今はまっていること:

ストレッチ

好きな映画:

七人の侍

<経歴>
北海道釧路市生まれ、東北芸術工科大学美術科彫刻コース卒業、同大学院彫刻領域修了。
高校新卒で㈱リクルートで制作、営業を経験。退職後、幼い頃から続けていたクラシックバレエを生かし埼玉・北海道・山形・静岡にて25年バレエ教室を経営する。山形では教室経営の傍ら彫刻を学ぶため大学に入学し、学部4年院2年と6年間彫刻を学んだ。大学在学中に二科展(彫刻)で数回入選、彫刻の森美術館奨励賞を受賞。

山形で震災を経験し、その頃から食や環境、医療など様々な社会問題に関心を抱くようになった。彫刻のために滞在したトルコで、日常生活の中で自然や動物と調和するトルコの国や人々の考え方に共感しトルコで貿易会社を起業、現在は日本で株式会社星月の代表取締役としてトルコの自然なペットフード等の輸入卸販売を行う。

■代表作・主な実績

2011年

二科展初入選

2012年

二科展入選

2013年

二科展彫刻の森美術館奨励賞受賞 「焔」

2013年

ギャラリーオカベ グループ展

他グループ展多数

 

─ 取り組んでいることを教えてください。
動物、植物、自然、地球が幸せでなければ、人は幸せになれないのではないかと言う思いから、身近なペットが病気にならないための食の改善のために無添加ペットフードを仕事として広めています。
さらに、人が目を背けがちな、食の材料となってしまう家禽の幸せな生き方、家禽として尊厳ある命の終え方、生き物を食べている人間がやるべきことに着手したいと考えています。同じ思いを持つ方々と繋がり、何らかの活動ができたらと考えています。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
各業界で活躍されている方々が、自らを紹介するところから始まり、皆さんの人となりの知識を得てからトークセッション、プロジェクト、コラム、書籍など様々な角度から繋がれるところが興味深い取り組みとだ思いました。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
FUJITSU LIFEBOOK とにかく軽い。

─ これだけは譲れないものは?
どんなに忙しくても、週に1回はバレエのレッスンに行く。

─ これから目指したいことを教えてください。
この世界に欲しいけどないものは自分で作ること。
モノも、環境も、考え方も、人との繋がりも、組織も、忘れてはいけない大切な事も。一歩踏み出してから、これはこんなに難しかったのかと気がつくことがよくあるが、難しいと気がつくことがまず学びであるし、たとえ失敗であってもその経験だけは実は誰にも取られることのない一番大切なものである。

一覧へ戻る