中森 学
中森 学
Nakamori Satoru
図解に強いライター(パワポ資料制作)

出身地:

東京都 小金井市

特技:

(1) コーチング(ストレングス・ファインダー認定コーチ)
(2) アトピー肌のケア(蜂蜜と納豆で治した)

座右の銘:

特にありませんが、何事も先入観を持ったり、乏しい知識を基に決めつけたりしないように努めています。

お気に入りの場所:

電車の端っこの席(落ち着く)。

今はまっていること:

ブログ(note)

好きな映画:

ドリームガールズ(2006年)

<経歴>
【現在】
伝え下手で困ってる人に対し、「話を聞ける・聞き出せる・整理できる」「文章・パワーポイント資料にまとめる」ことでお役に立ちます。

【前職(飲食店の店舗管理職)】
「年間2,500人にインタビュー(兼コーチング)を10年間継続」と書くと聞こえは良いですが、要はスタッフの育成をしていました。同時に社内報や教育マニュアル(パワーポイントで制作)を作成。

【独立後】
社内報(文章制作)の経験を活かし、ライターとして活動(2013年~)。顧客の依頼でプレゼン資料(パワーポイントのスライド)を作ったら好評だったので、パワーポイントの資料作りも請け負うように。

ヒアリングが強み。前職時代、1日10人以上(年間のべ2,500人)のスタッフと1on1(=インタビュー兼コーチング)をしていたため「話しやすい」「ぼんやりしたアイデアを一緒にまとめてくれる」と言われます。

■代表作・主な実績
JR東日本の観光案内パンフレットを制作(文章)← 年間50件以上作成(4年継続)。
ビジネスプレゼン大会に応募するための「発表シナリオ考案」「発表用スライド制作」を受注。50社応募があった中で、依頼主は上位5位内に入賞。
 

─ 取り組んでいることを教えてください。
仕事の紹介(口コミ)を「お互いに・きちんと」できる深い信頼関係がある人を、30人作る。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
「コラボレーション」という単語を目にした時、ワクワクする気分を感じました。あと、「健全に学ぶ」「チャレンジする」という考えに共感します。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
ボールペンはゼブラ社・SARASAの0.7mmを使っています。

─ これだけは譲れないものは?
(1)メール・LINEなどでは、相手の名前を呼ぶ(書く)。 = (例) 「○○さん、こんにちは」
(2)「ありがとう」と「ごめんなさい」を出し惜しみしない。

─ これから目指したいことを教えてください。
伝え下手の人(話がアチコチ飛ぶ / アイデアをまとめるのが苦手 / 口下手…)のお役に立てることであれば、1つにこだわらずにリクエストに沿って活動の幅を広げたいです。
(それが出版なのかセミナー開催なのか、メディア出演なのかはわかりませんが…)

一覧へ戻る