近藤 仁美
近藤 仁美
Kondo Hitomi
クイズ作家/国際クイズ連盟日本支部長

出身地:

三重県

座右の銘:

「その日」は突然やってくる

<経歴>

早稲田大学および同大学院教育学研究科を修了。大学在学中にクイズ作家として活動を始め、日本テレビ系『高校生クイズ』の問題作成を15年間担当中。

その他、テレビ番組『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』、ディズニーチャンネル『ミラキュラス』リアルイベント、ウェブメディア『ねとらぼ』など、各種媒体で問題作成・監修を行う。

国際クイズ連盟日本支部長(2018年~)。「World Quizzing Championships」等のクイズの世界大会において、日本人初・唯一の問題作成者を務める。
2023年、トリビアとクイズの国際的な賞「Trivia Hall of Fame(トリビアの殿堂)」殿堂入り。ノミネート・受賞ともに日本初。

■代表作・主な実績

制作歴と出演歴の分け方など、望ましいかたちはありますでしょうか。掲載方法等、少々相談させてください。

─ 取り組んでいることを教えてください。

クイズを糸口とした、楽しい学びの機会や広報手段を検討し続けています。その一環で、小学校から大学、会社まで、様々な場でお話させていただいております。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

あらゆる方向に尖った方がいらっしゃるのが、とても楽しく、興味深い点です。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

万年筆と手帳。大事なことは手書きにすることが多いです。

─ これだけは譲れないものは?

自分に対応してくれている相手は、生きている残り時間を少し共有してくれているということを忘れないようにすること。

─ これから目指したいことを教えてください。

日本発のクイズの世界大会をつくり、クイズを通した国際交流がしやすい環境をつくること。

一覧へ戻る