ワイルド・ローズ

ワイルド・ローズ
上映情報
2018/カラー/5.1ch/イギリス/スコープ/102分/
原題:WILD ROSE
配給:ショウゲート

見どころ

夢と家族の狭間でもがくシングルマザー
彼女の歌声に あなたはきっと涙する

アカデミー賞®ショートリストにも残った主題歌「GLASGOW」が、本年度の賞レースで音楽賞を席巻し、
ナショナル・ボード・オブ・レビュー<インディペンデント映画TOP10>を始めとする世界中のインディペンデント映画賞で作品賞・主演女優賞を受賞。Rotten Tomatoesでは93%FRESHと高評価を獲得。
実在の人物をモデルに生まれた本作で、全曲を自ら歌う主演に挑むのは、『ジュディ 虹の彼方に』(19)での好演が光った、英国の新鋭ジェシー・バックリー。母親役には、『リトル・ダンサー』(00)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジュリー・ウォルターズ。
英国からまた一本の名作が誕生した。

あらすじ

カリスマ的な歌声を持つシングルマザーのローズは、故郷のスコットランドからアメリカに渡り、歌手としての成功を夢みていた。

だが、不器用にしか生きられない彼女は、夢を追い求めるあまり、愛する母親や幼い二人の子供たちを時に傷つけてしまう。

夢か家族か、若さと才能を兼ね備え、遂に掴んだチャンスを前に、葛藤する彼女がたどり着いた答えとは?

書き下ろした初のオリジナルソング。ラスト5分、魂のステージが今幕を開ける──! 

ワクセル(主催:嶋村吉洋)の映画サイト ワイルド・ローズ 紹介
(C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

スタッフ

監督:
トム・ハーパー

脚本:
ニコール・テイラー

キャスト

ジェシー・バックリー
ジュリー・ウォルターズ
ソフィー・オコネドー