山科 啓
Yamashina Kei
飲食サービス革命児

出身  :青森県
特技  :無限の体力
座右の銘:失敗なんてない
​お気に入りの場所 :サウナ
今はまっていること:ドクターエアー

<経歴>
青森より上京後、軌道工や酒屋の配達など様々な職を経験し、22歳でバーテンダーとして飲食業に参入後、ほどなく「マネー虎」安田久氏の会社に入社。店長、エリアマネージャーを歴任。その後、著名人も多数訪れる恵比寿の会員制イタリアンレストランにマネージャーとして勤務。
30歳で母体のエンタメ事務所の運営に取締役として携わる。主であるアーティストのマネジメントのほか、ブライダル、シルバーアクセサリーショップ運営、スポーツ選手のマネジメント、携帯サイト運営など多岐にわたる事業を経験。
退社後は飲食に重点をおくことに決め、板前バルを運営する㈱CANVASや、当時話題だった俺の株式会社にも内部を見るために入社、勤務したAOYAMA店で同店最高日商を記録するなどそのノウハウも吸収。
2019年に独立。個人店を中心に独自のMS(覆面調査)をもとにしたお客様とお店、両方の目線からのコンサル事業やテイクアウトのサラダ専門店の立ち上げなど新規ブランドの設立、業務委託による実際の現場も引き続き行うなど精力的に活動中。

 

─ 取り組んでいることを教えてください。

飲食店のコンサル、マインド、実践セミナーを行っています。
より意味を持つようになった外出及び飲食、選ばれるお店になるための秘訣を伝授しております。
とかく飲食におけるコンサルやマインドセミナーを聞くと理論が先行しており、「で、結局現場で何すればいいの??」となることがもっぱらです。
またコンサルタントはそれを収入にしているため、コンサルが長く続くことを目的にしていることが多く、根本的な改善までに時間をかける傾向もあります。
私が取り組んでいるのは独自のMS(覆面調査)をもとに大型店舗、中型店舗、小型店舗、チェーン店から個人店まで幅広い現場の経験から管理職、一般社員、アルバイトなどそれぞれの立場に合わせた改善をマインドから実際のオペレーションに至るまで実践的なコンサルしております。
ありがちな一か月何回とか会議だけではなく、24時間365日体制で、気軽にlineなどで質問を受け付けており、大変ご好評いただいております。
そして一刻も早くコンサルが必要のない状態を目指しております。

 

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

講師陣がたくさんおり、それぞれ違ったジャンルの方が多くいらっしゃり、多様性に対応できるところが素晴らしいと思います。
これからは個の時代を飛び越えコミュニティーや集落の時代に突入します。
積極的にみんなでジョイントして楽しいことをみんなで生み出していくと世の中がいい方向に向くのではないかなと。
その可能性を持ったコミュニティーだと思います。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

レッドブル

 

─ これだけは譲れないものは?

仮に今死んでも悔いのない人生を歩む。
しっかり筋を通す。
髪型。

 

─ これから目指したいことを教えてください。

既存の飲食の概念にとらわれず、新しいこと、もちろん飲食以外のことにもどんどん挑戦していきたいと思います。なので、どんどんお声掛けください!!
これからはコミュニティーや集落の時代、飲食業界でもそこの流れを素早くキャッチし、行動に移さないと生き残れないと考えます。個人でできることなど限られているので自分だけが生き残る、自分の目先の利益に追われることなく、関わる人を全員ハッピーにできるような仕事、生き方を目指して精進します。