山本 隼汰
Yamamoto Hayata
株式会社レアジョブ/データサイエンティスト

出身  :広島県
特技  :断捨離が得意です。物捨てるのが極端に早いです。
座右の銘:自分を欺く賛辞よりも自分のためになる非難を喜ぶほど賢明な人は、めったにいない。
​お気に入りの場所 :実家
今はまっていること:マーケットとビジネスモデルを考えること

<経歴>
千葉大学卒業。大学4年時に freee での長期インターンを経験し、インサイドセールスと機械学習エンジニアの業務を経験。
その後、大学を休学し、AI開発の研究開発スタートアップに新卒で入社。画像処理や最適化アルゴリズムなど、複数のAI開発プロジェクトに参画。
2018年にレアジョブに転職し、一人目のデータサイエンティストとしてチームの立ち上げや、複数の研究開発プロジェクトをリード。
2020年に大学を卒業し、同年6月に自動採点による英語スピーキングテストサービスPROGOSをリリース。

■代表作・主な実績
2020年8月 Yahooニュース掲載『500円でAIが英会話力を自動採点、25歳のデータサイエンティストが語る開発最前線』
https://news.yahoo.co.jp/articles/19b134662839e8f52f17abc91d00dfedc847fe0e

─ 取り組んでいることを教えてください。

複合的に活躍できるようになりたいため、取り組んでいることは複数あります。
エンジニアとしては、機械学習やデータ分析の仕事でクライアントやプロダクトを改善し、グロースさせていくことに注力しています。
一方で、大学生向けの教育プロジェクトをやっていたり、note や YouTube などクリエイティブ制作にも力を入れています。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​多種多様なコラボレーターがいるところが面白いと思いました。
一見すると、全然一貫していないように見えるけれど、おそらくそれ自体が面白いプロジェクトを作っていくベースになるんだろうなと思っています。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

コーヒー

─ これだけは譲れないものは?

相手を認めて、理解をすること。価値観を押し付けないこと。

─ これから目指したいことを教えてください。

これからもっと多様化していく世界の中で、『わかりあいを増やす』をキーワードに創作や事業をやっていきたいと考えています。
そのためにできることはなんでもやります。