大谷 亨
大谷 亨
Tooru Ooya
神戸大学大学院工学研究科 准教授

出身地      :石川県
特技       :書道7段
座右の銘     :「成事毎在窮苦日
           (ことなすは つねに きゅうくの ひにあり)
           敗事多因得意日
           (ことやぶるるは おおく とくいの ひによる)」
お気に入りの場所 :教員室
今はまっていること:ピラティス

<経歴>
静岡県立大学食品栄養科学部食品学科卒。北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科機能科学専攻博士後期課程終了(博士(材料科学))。その後、北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科助手を務め、その間、米国Purdue大学薬学部に留学。帰国。その後、富山県立大学工学部知能デザイン工学科准教授。2008年より神戸大学大学院工学研究科准教授。2020年より神戸大学大学未来医工学研究開発センター教員兼務。著書24編、査読付き学術論文153報、総説27報など。

■代表作・主な実績
取材協力:日本経済新聞社 (大阪本社版)関西ものづくり企業特集 2019年9月27日
第4回 ネイチャー・インダストリー・アワード特別賞に関して日刊工業新聞2016年1月22日 ・特別紙面上にて研究概要が紹介

─ 取り組んでいることを教えてください。
がん治療用ソフトマテリアルの開発、生体適合性材料の学理探究

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
異分野交流

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
iPad

─ これだけは譲れないものは?
美味しいコーヒーを毎日楽しむ。

─ これから目指したいことを教えてください。
日本初の医療機器開発