髙谷羽月
髙谷 羽月
Takatani Hazuki
音楽家、サクソフォーン奏者

出身地     :兵庫県
座右の銘    :継続は力なり
お気に入りの場所:天井が高く風通しの良いところ

<経歴>
大阪音楽大学短期大学部を経て大阪音楽大学音楽学部卒業。卒業後渡仏し、セルジー・ポントワーズ地方音楽院を金メダルを受賞し修了。在学中から、第15回“長江杯”国際音楽コンクール管楽器部門第一位及び中国駐大阪総領事賞受賞、第90回レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第3位など国内外のコンクールにおいて多数受賞。現在兵庫、大阪など関西を中心に演奏活動や、又レッスン等後進の指導も行なっている。

■代表作・主な実績
フランス留学中から琴とのアンサンブルに取り組み、パリでもコンサートやイベント演奏に出演、2017年サロン・デュ・ショコラ パリにて演奏。
2021年4月に自身のリサイタルを兵庫県立芸術文化センターにて開催。委嘱作品として初演したサクソフォーンと琴のアンサンブル楽曲が好評を得、今後出版される予定となっている。依頼での演奏活動や、クラシックのサクソフォーンの自主コンサートの企画等も積極的に行う。

─ 取り組んでいることを教えてください。
クラシックサクソフォーンとしての演奏活動はもちろん、サクソフォーンと琴のアンサンブルなど、意外な組み合わせでのアンサンブルに興味があり積極的に取り組んでいます。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
普段だと出会うことのない、違うジャンル同士の出会いが生まれるところ。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
楽器。アルト、ソプラノサクソフォーンどちらも使います。

─ これだけは譲れないものは?
十分な睡眠と美味しいご飯があればいつも元気です!

─ これから目指したいことを教えてください。
クラシックのサクソフォーン奏者としての演奏活動以外にも、異ジャンルとのコラボによる新しい取り組みにも挑戦することで
自分にしか出来ない音楽、世界で唯一無二の音楽を作っていきたいです