尾崎将太
尾崎 将太
Ozaki Shouta
無農薬野菜専門の その町のほんの小さな八百屋 まる然 店主兼オーナー

出身地      :大阪
特技       :思い立ったらすぐ行動する
座右の銘     :直感を信じる
お気に入りの場所 :自然農で3年間作物を育てている畑
今はまっていること:焼き芋を焼くこと

<経歴>
公立高校卒業後12年間プロスケートボーダーを目指す。
その後スケートボードのアマチュアフィルマーを経て無農薬のお野菜を取り扱う八百屋に転職。
八百屋になるきっかけとなったスウェーデン人のグレタさんのスピーチで気付かされました。
広がり続ける気候変動。少女が起こしたアクションには感動しました。
https://youtu.be/_y8JNG7S0bo
少女の言葉を聞いて僕に何が出来るだろうと考えました。
たくさんのことは出来ないけど、農薬や化学肥料を使わない環境に付加をかけない農家さんを【助ける、増やす、育てる】のお手伝いをさせていただいています。僕の始めた事業は自然農、自然栽培に特化した八百屋です。

■代表作・主な実績
2021年4月 タウンニュース様に事業を取り上げてくださいました。
https://www.townnews.co.jp/0301/2021/05/13/573819.html
2021年9月に中学校のオンライン授業と社会化見学で講習させていただきます。
●八王子市の某私立中学2年生
●大和市の某私立中学2年生

─ 取り組んでいることを教えてください。
【みんなの町へ】人と地球の健康を考える
というコンセプトでイベントを主催しています。
今の世の中がどんな未来に向かうのかを想像したら、きっと未来の子供達が悲しい顔をするだろうなと思い、みんなで考えられる場所を作っています。
100年後の子供達へバトンを繋ぐ。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
紹介いただくまでこのワクセルというコミュニティーサイトのことを知りませんでした。
未来を切り開く人たちの思い描く未来を共有できる場所。
ワクセルの思い
【早く行きたければ一人で行け、遠くへ行きたければみんなで行け】
ワクセルの思いがまた胸を熱くさせてくれます。
同じ思いの方と出会える素敵なサイトに出会えて嬉しいです🎵

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
新聞紙

─ これだけは譲れないものは?
毎日、白湯を飲むこと

─ これから目指したいことを教えてください。
100年後の子供達へ生きやすい世界のバトンタッチができるよう、地球への付加を減らせられる取り組みを続けていくこと。
仲間と100年後の子供達が笑っていられる世界を、この綺麗な地球を残してあげたい。
まる然はこれからも八百屋を続けていきたいです。