小口 俊也
小口 俊也
Oguchi Toshiya
有限会社OEC代表取締役社長

出身地:

東京都

座右の銘:

僕の前に道はない、僕の後ろに道がある

<経歴>
東京都大田区に生まれる。
早稲田大学卒業後、日本航空(旧日本エアシステム)に入社
1999年に退職後、中学時代に志した飲食事業を展開。2001年に有限会社OECを設立。
現在はレストランの経営と共に、コンサルティングや個人ブランディング、スタジオやカルチャー教室も経営する。2013年には写真団体を設立。食やアートを含め日本文化の継承と世界への発信を日々追求しております。
調理師、蕎麦打ち、食育指導士、JSA認定ワインソムリエ、フォトマスター

■代表作・主な実績
主なテレビ出演

めざましテレビ、志村劇場、はなまるマーケット、シューイチ、スッキリ!、イブニングワイド、地元応援バラエティ、やじうまプラス、どーも☆キニナル、ヴィーナスゴルフ、産地直送一直線、ガールズアゴーゴー、Abema TV

ラジオ、雑誌など

Abema TV(原宿sora an)、大人の隠れ家(原宿sora an)、世田谷ライフ(SORA自由が丘)、めざましテレビ(蕎麦職人として出演)、志村劇場(SORA自由が丘)、はなまるマーケット(50度洗い)、シューイチ(SORA自由が丘)、スッキリ!(SORA自由が丘)、東京美人食堂(SORA自由が丘)、大人の宴(ポートロワ)、FMサルース(SORA自由が丘)、東京1週間(ポートロワ)、TBSイブニングワイド(SORA自由が丘)、TV東京地元応援バラエティ(ビタミンカフェ)、スーパーカフェブック開業&リニューアル、カフェ&レストラン(2009年7月号)、in職ハイパワー、TV朝日「やじうまプラス」、フジTV「どーも☆キニナル」、TV朝日「ヴィーナスゴルフ」、AneCan(SORA+)、MISS(SORA+)、月刊ASKI(SORA+)、Gainer(SORA+)、東京生活(SORA+)、NHKテレビ「産地直送一直線」、評判店の最新デザートブック(旭屋出版)、冷凍&節約レシピ(宝島社)、カフェ&レストラン(4月号)、カフェ&レストラン(9月号)、パートナー(AFS)、大人の隠れ家(SORA自由が丘)、OZマガジン(SORA自由が丘)、オリコ(SORA自由が丘)、FMラジオ世田谷ウォーカー(SORA自由が丘)、TV朝日・ガールズアゴーゴー(KAI)、HANAKO(SORA中目黒)、anan(SORA中目黒)、大人の週末(SORA中目黒)、千葉Walker(素楽EAST稲毛店)、東京Walker(複数店舗)、東京1週間(複数店舗)、フードベンチャースポット/p>

─ 取り組んでいることを教えてください。
古き良き伝統の形は時代の流れでより良い方向に進んでいると思います。
職人の世界が狭くなり人の手を直接介さないことも多くある世の中にコロナ禍が進み、人同士の関係が疎遠になったこの数年でした。これからは新しい人と人とのコミュニケーションの形を確立しつつ、「食べる」ことが「生きる」ことにいかに重要な要素を持つのか改めて考える時期となるでしょう。私は古き良き伝統をちょっとした新しさを加えつつ次世代につなぐ役割の一端を担えればと思います。
飲食業界の構造をガラリと変えるべく日々奮闘して参ります。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
プロジェクトや事業の立ち上げも一人で自己満足しているだけではいけません。つながるということ、お互いを知るということ、そしてこのようなプラットフォームが存在するということは本当に重要で不可欠なことだと思います。
ワクセルさんの試みに無限の可能性とチャンスを感じます。これからも是非よろしくお願いします。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
カメラ。頭を切り替えたいときにファインダーを覗くと違う世界が見えます。

─ これだけは譲れないものは?
人から与えられるだけの関係には絶対にならないです。

─ これから目指したいことを教えてください。
2年前、ちょうど本店が立ち退きとなり事業休止を余儀なくされました。コロナ禍もありしばらくは異世界を体感しておりましたが、この度事業再開となり以前以上に経験値を生かして横のつながりを生かしながら活動したいと思います。

一覧へ戻る