中谷昌文
『なかよし先生』こと中谷昌文
Nakatani Yoshifumi
特定非営利活動法人国際コンサルティング協会附属国際ビジネス大学校 理事長 中谷 昌文

出身地      :広島県広島市
特技       :人の名前をすぐ覚えられます
座右の銘     :『過去と他人は変えられないが
           未来と自分は変えられる
           人生は今日からが始まり
           昨日まではリハーサル』
お気に入りの場所 :たくさんのお気に入りの場所がありますが、
          世界遺産を全て自分の足で旅して写真と絵を
          描きたい。
今はまっていること:筋トレとサウナ

<経歴>
伝説の熱血教師「なかよし先生」の愛称で知られる、元中学・高校の教師、大学講師。国際ビジネスホールディングスグループ創立者、国際ビジネス大学校理事長
特定非営利活動法人国際ビジネスコンサルティング協会理事長、志魂塾発起人。一般社団法人国際総合スポーツ機構代表理事など、7団体の理事。

2004年、志魂塾を立ち上げ、若手起業家が有名実業家から学ぶ場を提供。11年、国際ビジネス大学校を創立し、若手起業家の育成に注力。NPO法人や一般社団法人を立ち上げ、営利目的だけでなく「社会に貢献できるビジネスモデル」を国内外に発信している。
また、東京ディズニーリゾートに難病の子どもを招待する活動を現在までに25年以上続ける傍ら、1999年に親のいない子どもにランドセルをプレゼントしたことをきっかけに、施設にランドセルを届ける活動を行なっている。メーカーのサポートや多くの賛同者に協力してもらい、これまでに子どもたちに届けた数は、中古のランドセル10万個と新品1000個以上。
2017年11月3日、長年にわたるスポーツ指導の実績と難病の子どもの支援活動が認められ、東久邇宮文化褒賞を受賞。
2018年4月18日、児童施設にランドセルを届ける活動を認められ、東久邇宮記念賞を受賞。

世界に愛と勇気を届けるため、「終身現役・年中無休」の精神で1日1日、与えられた命をフル活用している。

■代表作・主な実績
・著書『ビル・ゲイツの幸せになる質問』もしも1日200円しか使えなかったら?(日本実業出版社)など多数
・2020年5月 28日TV東京出演 番組名 『じっくり聞いタロウ』
・毎週金曜日の朝5時30分より、FM横浜清水国明の『アイタイ・アイタイ』、レギュラー出演中
・各週水曜日の夜11時より、渋谷クロスFM鳥羽明美の『ミラクル・クルクル』国際ビジネス大学校オープンキャンパス、レギュラー出演中

─ 取り組んでいることを教えてください。
タイガーマスク運動ランドセル基金になります。
新品のランドセルを全国の児童養護施設などに届けています。
また、6年間使いましたランドセルを海外の子供達に届る活動を27年以上しています。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
ワクセルの掲載に、多くの知り合いの方々が掲載されていて本当に驚きました。
また、皆さんが前向きで取り組まれていて素晴らしいです!
やる気とパワーに満ち溢れていて、今後とも楽しみです。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
ダルマとスーパーマン、またタイガーマスクの衣装は、児童養護施設に行くはは必要なアイテムになります。

─ これだけは譲れないものは?
一人一人の新一年生に、手渡しで私自身がランドセルを全国に届けます。

─ これから目指したいことを教えてください。
子供の健全育成と国際協力、文化や芸術やスポーツの振興して日本と世界に社会に貢献する人材育成していきます。

『なかよし先生』こと中谷昌文 さんの書籍
一覧へ戻る