中村 巴美
中村 巴美
Nakamura Tomomi
MAKEOVER TOKYO株式会社 代表取締役社長/ヘアメイクアーティスト/ビジュアルディレクター

出身地:

山口県

特技:

ダンス、人と人を繋げる事

座右の銘:

可能性は無限大

お気に入りの場所:

ツリーフル

今はまっていること:

色の統計学、ルノマンカードでのリーディング。

<経歴>
山口県出身、福岡美容専門学校卒業。東京のサロンで美容師経験を経て、現在
Give your life a makeoverを人生のテーマとし東京を拠点に広告・CM・ファッション・アーティスト・ショーなど、国内~海外まで幅広くヘアメイクアップアーティストとして活動中。
2019年6ヶ国に進出。アーティストチームMAKEOVER TOKYOを立ち上げ、主催イベントを開催。
2020年春夏 パリコレのメイクで参加。2022年1月作品展開催。2022年2月法人化、MAKEOVER TOKYO株式会社設立。
4月メタバースのデジタル生命体Onimaruとコラボフィギュア出展。ヘアメイクを軸にトータルプロデュース、マルチアーティストとして活動している。

■代表作・主な実績
NIKE Air Force1 pv/SONY Xperia5IV pv/Amazon pv
YAMAHA pv/ピザーラpv/バンダイナムコ広告/
雑誌GIANNA/Numero Tokyo/2020ssパリコレ/パリ・ユネスコ本部着物ショー”はごろも”
 

─ 取り組んでいることを教えてください。
ヘアメイク事業の拡大。ヘアメイクのアシスタント派遣サービス。ヘアメイクを軸にアーティスト、クリエイター等のキャスティング、ディレクション事業。廃棄コスメをリメイクして1点物のアクセサリーに落とし込んだ作品 “Nijinokakera” 廃棄コスメで描く絵のSDGsアート。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
他業種・ジャンルの方々がコラボレートしていって生まれる化学反応が面白いなと思いました。また、YouTubeチャンネルでの発信もいろいろなジャンルの方々の活動や思考や思いが知れて、面白く、とても為になります。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
アロマのフレグランス。リラックス空間をつくる上で欠かせないアイテムです。スチーマー。秋冬は特に乾燥するので、スキンケア・マッサージ時はしっかり保湿するように心がけています。

─ これだけは譲れないものは?
マンネリ化しない事

─ これから目指したいことを教えてください。
TOKYO⇄WORLD発信、次の挑戦としてはグローバルに事業展開・コミュニティを海外でも創っていきたいという思いがあり、自身のアーティスト活動としてまず来年秋にNY拠点、移住を目指して、日々奮闘中。来年夏頃にMAKEOVER TOKYO主催のアートと音楽のイベントvol.2を開催したく考案中。

一覧へ戻る