栗林 千聡
栗林 千聡
Kuribayashi Chisato
公認心理師、臨床心理士、スポーツメンタルトレーニング指導士

出身地      :大阪府
特技       :テニス
座右の銘     :答えなんてない
今はまっていること:フットサル

<経歴>
関西学院大学大学院文学研究科博士後期課程にて博士号(心理学)を取得した後、信州大学大学院教育学研究科特任講師として勤務。大学相談室、児童発達支援センター、心療内科・精神科にて臨床を行う。2020年より、国立スポーツ科学センター契約研究員となる。スポーツメンタルトレーニング指導士、公認心理師、臨床心理士として、トップアスリートの研究と心理サポートに従事。専門は臨床スポーツ心理学、認知行動療法。

スポーツ歴:
5歳から硬式テニスを始め、大学まで現役選手として活動。(戦績:世界スーパージュニアテニス選手権大会出場、全日本ジュニアテニス選手権大会準優勝、関西ジュニアテニス選手権大会優勝 他多数)。

■代表作・主な実績
【著書】
栗林千聡 (2020). 第4章女性アスリートの三主徴-回復した先まで見据えた支援 (荒井弘和著 アスリートのメンタルは強いのか?) 晶文社 pp.89-105
栗林千聡 (2020). 第9章イップス-生物的,心理的,社会的背景から捉える (荒井弘和著 アスリートのメンタルは強いのか?) 晶文社 pp.201-217
栗林千聡 (2018). 3章スポーツ心理学的多元分類システム(MCS‒SP) ) 臨床スポーツ心理学ハンドブック pp.26-36 西村書店
栗林千聡 (2018). 8章パフォーマンス障害Ⅰ(PI-Ⅰ)) 臨床スポーツ心理学ハンドブック pp.108-128 西村書店

 

─ 取り組んでいることを教えてください。
スポーツ心理学,臨床心理学を専門にしていて,アスリートのメンタルヘルス,パフォーマンス向上に関する研究と心理サポートを主に行っています。イップス,競技不安,摂食障害,バーンアウト,発達障害など,さまざまなメンタルヘルスの問題に対する支援を普及させています。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
人が繋がっていくところ

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
紅茶と甘いもの

─ これだけは譲れないものは?
パッション

─ これから目指したいことを教えてください。
アスリートが充実した競技生活を送れるように,メンタルヘルスの問題に対する理解の促進,心理的支援法の確立,サポートネットワークづくりをしていきたいと思っています。