木村 俊平
Kimura Shunpei
NPO法人 日本エコロジーアップサイクル協会 理事長/アップサイクルクリエーター

出身  :北海道
特技  :投げ釣り、SCAJコーヒーマイスター
座右の銘:直感
​お気に入りの場所 :葉山森戸海岸海上
今はまっていること:シーカヤック

<経歴>
北海道大学大学院光システム修了。新卒で大手光学機器メーカーに入社、26年間エンジニアとして勤務。
紙袋やコーヒー豆のプラ袋、チョコレートの箱などからマスク入れ、名刺入れ、手帳型スマホカバーなどの実用小物を作るアップサイクルクリエーター(ブランド名 折人®️ – OribitO -)として、制作活動と並行して、スタバ、タリーズ、東急ハンズなどでワークショップ講師としても活動、累計600人以上を教える。
また、アップサイクル技術を使ってゴミを減らすNPO法人 日本エコロジーアップサイクル協会を設立、SDGs目標13『気候変動に具体的な活動を』にコミットし鎌倉を拠点に活動中。

 

■代表作・主な実績
2020年7月 NHK WORLD JAPAN Kawii INTERNATIONAL出演
2020年11月 FMヨコハマ LovelyDay出演

 

─ 取り組んでいることを教えてください。

鎌倉みんなでアップサイクル 〜マスク入れ制作・配布プロジェクト 〜
紙袋からマスク入れをアップサイクルするワークショップを開催して、多くの方に作り方を覚えて頂き(合わせて認定講師を育成しながら)作って頂いたマスク入れを鎌倉市内4カ所の飲食店、宿泊施設で配布中、昨年秋から始め累計800枚配布。

 

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

色々なジャンルの方がおられ、素敵なコラボレーションの機会が得ることができそうでとっても期待しています。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

折り畳み式A4カッティングマット(MUJI良品製)

 

─ これだけは譲れないものは?

好きなことをやる

 

─ これから目指したいことを教えてください。

気候危機を止める為アップサイクル技術を普及させプラごみ、紙ゴミを削減する。
その活動の中で地域、全国の方と繋がりを作り、経済成長のみを追求する社会ではなく、新しい価値に向かう社会を皆んなで作り出して行きたい。