川村 春二
Kawamura Haruji
株式会社カワムラ 代表取締役

出身  :広島県
座右の銘:継続は力なり

<経歴>
18歳で広島県を出て兵庫県の有馬グランドホテルで修業。
その後大阪で鉄板焼きの修行を積み、24歳で兵庫県三木市でビフテキのカワムラをOPEN。
その後、兵庫県内に6店舗、東京銀座と六本木2店舗、大阪北新地へ出店。

 

■代表作・主な実績
2015年9月 イギリス・テレグラフ紙が選ぶ世界最高のステーキを提供するステーキレストラン 銀座店
2014年10月 とんねるじのみなさんのおかげでした 男気じゃんけん 三宮本店
2017年11月 ぐるナイゴチになります! 六本木店

 

─ 取り組んでいることを教えてください。

皆様に食を通じて感動を与えたい!一心で飲食店一筋でやってきましたが、新型コロナの影響で事業内容一本化では難しい事に気づき、今後は物販にも力を入れ、食卓でもビフテキのカワムラのこだわりを味わっていただけるよう事業拡大していこうと思っております。

 

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​様々な分野で活躍されている方のご紹介が刺激にもなり活力となりました。

 

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

神戸ビーフ

 

─ これだけは譲れないものは?

神戸ビーフはもちろん、すべてにおいて品質を見極め妥協しない食生活

 

─ これから目指したいことを教えてください。

現在創業より48年。
孫、ひ孫の代まで皆様に食を通じて感動を与えれるようにしっかりと教育し、企業100年を目指します。