川上 千晴
Kawakami Chiharu
ethical × healthcare coach

出身  :山口県宇部市
特技  :ポジティブ
座右の銘:"a little bit more"「義を見てせざるは勇無きなり」「何を得たかではなく何を残せたか」
今はまっていること:65%vegan生活、大豆プロテイン、ダンス動画を見ること

<経歴>
横浜国立大学経営学部卒業。新卒でwebマーケティングのベンチャー企業に勤め、3部署兼任と採用プロジェクトを推進。週3正社員、週4自営業といった新しい働き方を実践。
2017年~現在は、約4年間で計250名にあたる方の体質改善に携わる。原因不明の体調不良を改善したい、身体を健康的に絞りたい、パフォーマンスをあげたいといった方々に現在も伴走中。
2020年3月~現在は、homehealthcare分野において「DETOXCAMP」という2week集中型groupdetoxcommunityをオンライン企画・運営。
コロナ下において繋がりを創出しながら共に励ましあい、個々にあった健康習慣を体得していくprojectを開催中。

 

■代表作・主な実績
・約4年で計250名の体質改善のサポート
特に美容に関してアンテナが高い20代後半~30代女性、パフォーマンス向上を目指す20〜50代男性経営者やアスリートのお客様と、そのご家族のサポートの実績多数
・渋谷ヒカリエ開催「働き方見本市(旧名)」スピーカー登壇
・ゲストハウスでのdetox合宿企画開催
・経営者向け断食合宿企画・運営(現在は譲渡しています)
・オンライン体質改善コミュニティをコロナ後2020年3月~計14回開催(延べ約85人の変化の伴走)
2型糖尿病の薬や他薬をすべて手放し-40kgの減量に成功した方や、悩みだった睡眠の質やPMSなど不定愁訴を改善された方など、多くの方の変化に伴走
・他detox関連イベント企画・運営

 

─ 取り組んでいることを教えてください。

“”情熱溢れる伴走家””として、栄養学に基づいたdetoxプログラムで体験型の健康教育を提供。
身体の内側からアプローチすることで、その人本来の可能性を引き出すサポートをしています。
エシカルに循環する、あたたかい社会を作っていくべく、同じ想いを持つフリーランス仲間と共に協力しあい、homehealthcare領域からサービスを構築しています。

 

─ ワクセルの面白いところを教えてください。

・自律している人とは、経済的にも精神的にも、自分で責任を持ち生きている人
・そんな人たちが生み出したプロジェクトは、自分のためだけのものではなく、周りも思いやり、社会全体を明るくするに違いありません。

このワクセルのVISIONにとても共感しています。
あったら素晴らしいのに社会がやれてないことを、ワクセルだからこそ実現できるのではないかと思っています。

 

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

ペパーミントエッセンシャルオイル。
とてもスッキリするので、頭も目も軽くなり集中力UPします!

 

─ これだけは譲れないものは?

掃除と定期的な断捨離
湯船につかること
太陽を浴びること
目の前の人の可能性を信じること

 

─ これから目指したいことを教えてください。

・人本来の可能性を引き出す
人の人生が変化するとき、そこには伴走者が必要だと思ってます。
この人と出会って人生が豊かになったな、そんなきっかけとなり教育を残せる活動をします。

・今より一歩、温かい循環が生まれる社会をつくる
HOMEhealthcare事業を入り口に、農業・環境・文化・人としての尊厳・歴史・コミュニティといったキーワードに関わる事業を担います。