神山 慈太
神山 慈太
Kamiyama Shigeta
Producer / DJ

出身地      :東京都
特技       :4×100mリレーで全国インターハイ出場
座右の銘     :圧倒的な量が質を生む
お気に入りの場所 :都会
今はまっていること:ランニング、映画鑑賞

<経歴>
音楽一家に生まれ幼少期から様々な音楽を耳にする
18歳からクラブミュージックとDTM(デスクトップミュージック)に興味を持ち20歳から本格的に音楽制作(イギリス発祥のクラブミュージック[Drum & Bass]というジャンル)を始める
21歳からDJキャリアがスタート
23歳で初の海外レーベルからリリースを果たし現在まで8つのレーベルから20回以上のリリースを重ねる
現在はイーストロンドンにあるSoulvent Recordsというレーベルと専属契約しながら活動中
m-floのTaku Takahashi主宰のインターネットラジオ局[block.fm]のDrum & Bass専門番組[Localize!!]の毎月3週目のラジオDJを務める

■代表作・主な実績
2017年にDrum&Bassの名門レーベル[Hospital Records]から自身初の海外リリースを果たす。
他にもPola & Bryson主宰のレーベル[Soulvent Records]、Hospital Recordsの姉妹レーベル[Med School]、Sub Focus•Dimension•Culture Shock•1991のエージェントWorshipのマネージャーが主宰するレーベル[Skankandbass]等、幅広く数多くのリリースを重ね総リリース回数20回を超える。
そして2019年にAndy C主宰のレーベル[Ram Records]から日本人初のリリースを果たす。
イギリス国営ラジオ[BBC Radio]のMetrikやRene La Viceが務める番組にて自身の楽曲をプレイしてもらう、Bass Music専門のYouTube Channel [UKF]に自身の楽曲がアップロードされる、Spotifyで世界最大のドラムンベースプレイリスト[Massive Drum & Bass]に自身の楽曲が追加される等様々なサポートをうける。
2018年にロンドンのFinsbury Parkで開催された12000人規模のDnB Festival [Hospitality In The Park]にて出演を果たし、2020年の冬にオランダ(High Tea Amsterdam [Metrik, Kanine, Monroe, T&Sugahと共演])、イギリス(Soul In Motion [Bryan G, GLXY, Malakyと共演])、ハンガリー(Bladerunnaz [メインゲスト])の3カ国にてヨーロッパツアーを成功させる。

ゲームないのBGM, [No More Heroes 3] [シェアメイト +]に楽曲提供。
 

─ 取り組んでいることを教えてください。
2021年の2月にリリースされるアルバムの制作
リリースと同時にヨーロッパツアーに向けてレーベルと計画中

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
様々な業界の方が色んな形で繋がっていきよりクリエイティヴなことが実現できるのは本当に興味深くより人生を豊かにするものだと思います。
ワクセルを紹介して頂いた時はとても嬉しかったです。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
YouTube – 息抜きに最適

─ これだけは譲れないものは?
定期的な断捨離

─ これから目指したいことを教えてください。
人々の脳へ直接的に刺激を与えれるような音楽を作り、更なる海外進出を目指しながらも日本での人脈を拡大していき幅広くお仕事に携わっていきたいと思います。