石川淳也
石川 淳哉
Ishikawa Junya
social good producer

出身地      :大分県
特技       :蕎麦打ち 
座右の銘     :This is your life, not a dress rehearsal.
お気に入りの場所 :御殿場の森に作った小屋
今はまっていること:野菜作り

<経歴>
1962年大分県生まれ。世界のさまざまな社会課題を解決するために、コレクティブインパクト手法でプロジェクトを追求する人生と決断。自宅にコンポスト、太陽光発電を導入、EV車にシフト。御殿場で400坪の完全無農薬野菜農園を仲間と運営。東京と御殿場の二拠点生活。防災士。

■代表作・主な実績
主な仕事に、
ベストセラー書籍『世界がもし100人の村だったら』の宣伝PR、世界初「2002 FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」、ミラノ・ベルリン・ロンドン現在も世界中を巡回するピースアートプロジェクト「retired weapons」、100万枚突破アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」、311情報支援サイト「助けあいジャパン」などのプロデュースなどがある。カンヌライオンズ金賞、NYADCなど受賞歴多数。BMW次世代電気自動車i3の情報編集長。内閣府防災ポータル「TEAM防災ジャパン」立ち上げ。講談社FRaU SDGs プロジェクト共創プロデューサー。
 

─ 取り組んでいることを教えてください。
1)災害関連死ゼロプロジェクト、未利用獣ゼロプロジェクト、生ごみ焼却ゼロプロジェクトなどを推進中。
2)社会課題を解決する資金を運用する財団法人「SOCIAL ACTION FOUNDATION」を設立準備中。
3)ソーシャルグッドプロデューサーを育成する塾を開始しました。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
若いソーシャルグッドパワーが溢れている素晴らしいチーム。企業依存型じゃないプロジェクトが沢山産まれそうな予感。大変期待しています。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
ATEM Mini EXtreme

─ これだけは譲れないものは?
相手の期待値を1mmでも上回る。

─ これから目指したいことを教えてください。
来年は還暦。暦が一巡しリセット。あとは丸儲けみたいな人生です。地球の環境と経済と社会をうまく共存させていくことに残りの人生全てを賭けて取り組みたいです。そのためには、まず自分の暮らしをオフグリッド化する準備を進めています。