安藤 利恵子
安藤 利恵子
Ando Rieko
りんごのまんま代表/
愛と笑いの筆文字作家&講師

出身地      :愛知県
特技       :落書き、人の話を聞くこと、
          体がやたらと柔らかいこと
座右の銘     :心は丸く気は長く
お気に入りの場所 :伊古部海岸
今はまっていること:朝のウォーキング、簡単料理作り、
          Voicyを聴くこと

<経歴>
小学校教員と家事育児を約20年続けるも両立に悩み40歳で退職。2020年4月、自分の得意と経験を活かした「名言おむつケーキ」を考えついて起業。【ママたちに元気と笑顔を】という想いで、出産祝いの制作販売や筆文字講座を開催。絶賛4人の子育て中の45歳りんごちゃんです。

■代表作・主な実績
2020年8月雑誌mina、2020年5月朝日新聞・東海愛知新聞、2021年1月岡崎市政だより、2021年5月中日新聞、2021年12月蒲郡市教員組合にて筆文字講座開催
 

─ 取り組んでいることを教えてください。
出産祝いの「名言おむつケーキ」を多くの方に知ってもらうことに加えて、お弁当に筆文字メッセージを添えて気持ちを伝える「筆弁」を日本中に広げたいと思っています。子供たちになかなか面と向かって伝えられない母の想いを、一枚の筆文字カードにして毎日届けませんか?「筆弁」が繋ぐ家族の絆。「筆弁」を通して、子育て中のママたちが繋がれるコミュニティー作りを計画中です。

─ ワクセルの面白いところを教えてください。
大好きなMBさんや大島啓介さんもご登録してみえて驚きました!!わくわくすることを横のつながりで広げていく、有名無名関係なく登録できることにびっくりです。これからどんなことが広がっていくのか、とても楽しみです。積極的に私もワクセルに関わっていきたいです。ご縁に感謝です。

─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。
Amazon music、お香

─ これだけは譲れないものは?
まつげパーマ&ネイル&鍼に毎月行くこと

─ これから目指したいことを教えてください。
まずは自分の心を満たすこと。好きなことや心地よい時間を大切に。そんなことを自分も、そして周りの人たちにも伝えながら笑顔の輪が広がっていけばいいなと思っています。「名言おむつケーキ」や「筆弁」がそのお役に立てるように、知ってもらって体験してもらってご縁が繋がりますように。